幻の味を求めて

タイトルだけ読んでいるとたいそうなものに思うかもしれませんがご安心下さい。
喫茶店と飲み物のちょっとしたお話です。

10年ほど前でしょうか。
日テレ系のバラエティ番組 「たけし・さんまの超偉人伝説」で紹介された大阪のお店がありました。
「アジアコーヒ」
というお店です。
アジアコーヒとは関西地方にかつてあったコーヒー問屋で、喫茶店チェーン。
第二次世界大戦後、今で言うフランチャイズチェーン店として大阪市や神戸市に多くあったが、今ではアジアコーヒの本元は解散し、かつてフランチャイズだった店が独立して大阪市内に一部残っている…

という内容だったと思います。
お店の雰囲気もさることながら、私の印象に残ったのがこの店で飲めるという
「ネーポン」。
ぶっちゃけた話がオレンジジュースなのですが、ここ以外ではなかなか飲むことができないというレアなモノ。
暇を見つけて一度行きたいと思っていたのですが、仕事が忙しくなったり、転職したりしていつしか忘れかけていました。

それから何年もたち、昨年のこと。
ネットで知り合った某氏とチャットをしていて「『アジアコーヒ』って知ってる?」という話になり、番組をみていたことを思い出し、まだあるのかなと調べてみることに。
ネットを駆使してみると、どうやら大阪市都島区にあるらしいということがわかり休みを利用していくことにしました。

地下鉄に乗り、最寄駅で下車。
ネットを駆使しても場所が特定できなかった(番組で紹介されたときに問い合わせが殺到した為、店が控えているらしい)ので歩き回るつもりで行ったのですが…

画像


あっさり、見つかりました。
看板が「アジア」だし。
ちゃんとのれんに「アジアコーヒ」って書いてるし。
もうちょっと奥まった所にあるかと思いましたが、いたって普通の道沿いにあったな(笑)

のれんをくぐってお店の中へ。
テーブル席とカウンター席がちゃんとあるこじんまりしたお店です。
お昼をすぎていましたが、常連がいるらしく結構賑わっていました。
ひとまず空いている席に座り、壁に貼られたメニューを見てゆきます。

こぶ茶 ¥120
カルピス、コーヒー、紅茶、ソーダ水 ¥150
グリーンティ、特製ミキサージュース ¥200…

ネーポン ¥150

…あったよ(笑)

おばちゃん(と、あえて書いておきます)が注文をとりにきたのでホットコーヒーを頼み、
「ネーポンもたのんます。持って帰るんで。」と付け加えました。
おばちゃんから帰ってきた返事は

「瓶代で150円かかるけどいい?」

…瓶を持って帰りたいのですから「お願いします」というしかないでしょ(笑)

ほどなくコーヒーが運ばれてきました。
水と一緒に持ってくるのがいかにもここらしい(^^;

画像


順番らしいのでひとまずこちらをいただくことに。
ちゃんとコーヒー会社から仕入れている焙煎モノです。
ちなみに私はコーヒーは砂糖なしでいただきますのでスティックシュガーは出番なし(笑)

そしていよいよお目当てのものが登場。
おばちゃんが袋に入れて持ってきてくれました。

画像


「ネーポン」ですよ~(^^/

お~。
ちゃんと「ネーポン」って書いてあるし(当たり前)
ちゃんと瓶に入ってるし。
製造会社、神戸市の会社だし。

眺めるのもそこそこに記念撮影してしまいました(大笑)
おばちゃんは
「瓶を持ってきてくれたら150円返すからね~」って言ってました。

コーヒーを飲み終わったところで精算。
レジでお金を払おうとしてまたまたびっくり。
ゆうに40年は現役ではなかろうかというようなボタンの多いレジだったのです!!
しかもちゃんと動いていましたし(;;

う~ん、「アジアコーヒ」侮りがたし。
こんどは某氏を引き連れて行きたいと思いました(笑)

え?ネーポンはどうしたかって?
ちゃんと持ち帰ってウチで飲みましたよ。
味は…

「めっちゃ甘~い、普通のジュースでした」(爆笑)

【参考資料】

・都島区.com 飲食店紹介
http://www.miyakojimaku.com/01j.html

この記事へのコメント

くがやま
2006年05月09日 00:11
おお、遂に逝かれましたか(笑)
今度行った時にはまぢで拉致られそうやな(爆)
ko-ma
2006年05月09日 08:52
●くがやま様
怪しさ大爆発で想像以上に楽しめました。
レジスターは感動モノでしたし(そっちかい)
ちなみに土・日・祝日は閉店が早いようなので昼間にいったほうがよさげです。
なくならないうちに一度ご一緒したいですね。
ぱらくま
2006年05月09日 11:23
をを、これは…!

都島区ですか…よろしければ、一度、拉致ってください(笑)。
わた
2006年05月09日 18:12
そのレジ、いいですね~(^^)
クリスト・マーク
2006年05月09日 19:13
ぁぁぁ。この番組見てました。
その後、鍋で温めたホットネーポンも登場したんですよね(笑

自分も行ってみたいなぁ
ko-ma
2006年05月10日 09:23
皆様、コメントさんくすです~(^^

●ぱらくま様
そりゃもう予定が合うときがあれば。
強制連行しますよ(笑)。
あ、でも大阪市内だから場所さえわかれば一人でもいけますよ。
もし場所をお知りになりたければ私までメールください(宣伝)

●わた様
レジスターは感動しましたよ!
ケタのぶんだけ1から0までボタンが並んでいるもので動く度に歯車の音が「ガチャガチャ…」、計算が終わったら「チーン!!」ですもの。
そして横にはレバーがついていてこれを倒して
お金を出し入れ。
私はあまりレトロ趣味は無いのですが、
タイムスリップした気分になりました。

●マーク様
ををっ!
マーク様も見てらしたんですね。あの番組。
今回調べてわかったのですが、番組で紹介されたお店(日の出通り店)は21世紀を待たずに閉店。
5年前には別の1軒も閉店し、このお店が最後の1軒のようです。
今度来阪の機会がありましたら連行しますね(笑)

>ネーポン
ホットでは飲みたくないです(大笑)
なすの
2006年05月11日 03:17
・そのレジスターってかのエニグマ暗号器?
(「さよなら絶望先生」より)。
ko-ma
2006年05月11日 08:40
●なすの様
>エニグマ暗号器
またレアなネタふりをありがとうございます。
私は映画「U571」を真っ先に連想しました(笑)
年代モノということでは負けてないか。
商品発注を暗号でやりとりしてたりして(オイ

※解説
旧ナチス・ドイツが開発、使用したものです。複雑な内部構造を持っている初の自動処理型暗号器。
わた
2006年05月11日 13:26
なすのさんのコメントみて、私も真っ先にU571を連想しました
なすの
2006年05月12日 00:25
・珠が「1+5」の大型のそろばんじゃないだけマシか。
懐かしい飲み物なら近所に「ホッピー」あります。
通天閣の下のお好み焼き屋でこれを飲みながら食べるのが通かな。
(天王寺動物園のそばに宿を取ると必ず行きます)。
蛇足ですが、、、。
ko-ma
2006年05月12日 09:58
●わた様
>U571
いっしょや~(笑)
エニグマ暗号器がよく出てきますもんね(^^
●なすの様
>大型そろばん
ナニワ(大阪)のあきんど(商人)は珠を動かして値引き交渉したのです。
「これくらいでどや?」
「これ以上はまかりまへん(まけられないよ)。」という具合。
’60年代は普通に見られた風景でした。
いまや電卓どころかネット取引の時代ですからね(^^;

>ホッピー
懐かしいというか通天閣界隈ではわりと普通に飲まれていますよね。
私はあんまり縁が無いんですが…(^^;

サイトで見たのですが、
わりと全国的に呑めるようですね。
歴史はネーポンより古いですし。

この記事へのトラックバック