ko-maのうぇぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS Nゲージコレクションぐだぐだ話(04-2)Bトレの「けいおん!」電車を組んでみた(後編)

<<   作成日時 : 2013/08/01 22:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

【前編から続き】
さて、車体がひと段落しましたら、下回りの製作にかかります。
まずはモーターを入れない車両(偶数番号車)から。
動力を入れない車両はシャーシ(床板)は製品のものをそのまま使います。
パーツを切り出しまして

画像


その時に片側の前の部分を予め切り落としておきます。
切り落とした側が運転台の下になるのでそのままでは排障器と当たってしまうためです。
どの程度切り落とせばよいかは説明書に書いてありますので
よく見て慎重にやってください。

画像


走行台車セットを取り出して、
片側の台車はカプラー(連結器)は使いませんので、切り落としておきます。

画像


そして予め切り出しておいた台車レリーフをはめ込みます。
レリーフにも向きがありますので注意してください。

画像


シャーシと台車をはめ込み
これを車体とあわせます。
片側の一部を切り落としたほうを運転台側にしてはめ込めば、すんなり入るはずです。

画像


こんな感じでOKです。

そして動力を入れる車両。
こちらも動力ユニットを取り出して
片側の床板の一部と台車のカプラーは切り落としておきます。

画像


またウエイト(重り)が入っていますので一番大きいものを
動力ユニットの真ん中に乗せて両面テープで固定しておきます。

画像


そしてこちらにも台車レリーフを取り付けます。
車体とあわせて

画像


無事にはまりました。

画像


ひとまず完成。
この時点で念のため走行テストをして、
台車がうまく動くか、カーブで首を振ってくれるか確認しておきます。

最後にパンタグラフの取り付けをします。
Bトレ本体についているものは折りたたんだ状態が表現されていて
Nゲージで走らせる分にはちょっと物足りません。
Nゲージの別売のパンタグラフをつけられるようにはなっていますが
ふと思いついたのがこれ。

画像


鉄道コレクション(トミーテック)のパンタグラフです。
こだわりのある私は好きな車両はNゲージ化して楽しんでいますが
その時にパンタグラフもNゲージのパーツに交換してしまいますから
いらなくなります。
置いていても使いようが無いし、かといって捨てるのも忍びない…
と思っていたところに拾う神がいたわけで。
…あっさり交換決定(笑)

画像


取り付けの穴も共通の位置に開いているのでワンタッチで取り付けできました。

画像


かくして完成です。

画像


画像


…うん、いい感じだ(自己まんry

ということで、いかがでしたでしょうか?
集中力と画像の都合でかなりはしょってしまいましたが
Bトレ製作、これがko-ma流でございます。
写真撮影をしながらゆっくりやっても
2時間あれば十分満足なものが作れると思います。
興味を持たれたら、一度模型店や大きな家電量販店に足を運んでみてください。
お気に入りの車両がきっと見つかると思います。

【終】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
わかりやすく画像と説明ね
(=^_^=)
〜NORINKO〜
2013/08/25 14:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
Nゲージコレクションぐだぐだ話(04-2)Bトレの「けいおん!」電車を組んでみた(後編) ko-maのうぇぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる