ko-maのうぇぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「けいおん!」の学校を訪ねて(35・1/観光案内所編)

<<   作成日時 : 2013/02/28 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

プライベートなことになりますが…
昨年11月に35回目の登校をしてから約二週間後の12月6日。
父親が77歳で亡くなりました。

当然のごとく喪主を務め、葬儀から年末年始を挟み、
毎日の如く家の用事に終われる日々。
豊郷小登校どころか、自分の時間すら満足に持てない日々。
一日の仕事を終わって帰宅し、疲れた体をおして「部室」ブログや友人たちの
日記を読む日々が続きました。

1月下旬に四十九日を終えてようやく急ぎの用事は済みましたが
今度は仕事の休みがなかなか合わず
去る2月21日、奇しくも平沢憂ちゃんのバースディの前日に
ようやく36回目の登校となりました。

今回は観光案内所編と部室・他とに分けて書かせていただきます。
まずは観光案内所(酬徳記念館内)から。

当日、本当は朝一番で登校したかったのですが
心療内科に通う母親の付き添いをせねばならず
動けたのはお昼前のことでした。

慌しくJRの新快速に飛び乗り、大阪から彦根へ。
この日、近畿地方は北部が雪の予報が出ていて
雪が積もっていなければいいけどな…と内心冷や冷や。
果たして近江八幡までは普通でしたが、能登川を過ぎたあたりから
地面に雪が見え出し、彦根では真っ白けでした。
それでも以前
「豊郷から八日市(東近江市)あたりはちょうど(雪の有無の)境目」
と聞いていたことを思い出し、近江鉄道に乗り換え。
高宮あたりまではちらちらしていた雪も豊郷に着くと見事にやんでいました(笑)

I have return !!
(私は帰ってきた!!←第二次世界大戦時のアメリカの軍人
D.マッカーサーの名セリフ)


…と、一発かましたところで豊小へ(笑)
既に時刻は13時を過ぎていて、豊郷に居られるのは実質4〜5時間。
ゆっくりしては、いられないのです。

いつもの道を歩いて豊小に入る前に目にした信じ難い光景…

画像


…飛び出し看板の純ちゃんが片手、片足を失っていまして…
「部室」ブログをチェックして、情報は得ていましたが
やはり見るとショックですよね…。
後でみやせきで確認したら、警察も一応調査しには来たそうです。

そして3ヵ月ぶりの豊小登校。

画像


…I have return !! (ry

画像


はやる気持ちを押さえながらまずは観光案内所に行き

画像


受付のY口さんにご挨拶して自転車を貸し出しして貰い、

画像


順に奥のチェック。

画像


1月に開催された澪誕のポスター(絵師さんのサイン入り)とか

画像


澪ちゃんにちなんだアクセサリーとか

画像


画像


おなじみのなおちさんやしゅつるむさんのイラストとか

画像


画像


画像


家名さんの同人誌の告知ポスターとか

画像


映画「家」の宣伝のポスターとか
豊郷町内でロケをやったらしいです。

画像


近江鉄道の貸切列車サービス湖東電(「ことでん」と読むそうです)のポスターとか
よいとちゃん(豊郷町のゆるキャラ)が十六茶のCMに出たそうで、こんなポスターも

画像


画像


ここにいますよ(笑)

画像


彦根でこんなイベントをやってたんですね。

あとこんな企画のポスターが。

画像


スタンプラリーをやってるんだそうで
3/14までの期間中に指定のお店を巡ってスタンプを集め
これを観光案内所に持っていくとクリアファイルや抽選の特典が貰えるそうです。
ちなみに訪問した時点で踏破したかたが二人いるとのこと。
どうせやるなら春休みにやればいいのに…と思って聞いてみると
執行予算の都合で年度をまたげないという「大人の事情」があるみたいです。

画像


私も一応、台紙は貰っておきました(笑)
そして今回一番インパクトがあったのはこれでして…

画像


カウンターで見かけたのですが、内容もともかくそのイラストが(大笑)
これって、どうみても「たまこまーけっと」のネタなんですけど。
あとでお店に行って見ましたら

画像


暖簾(のれん)が「たまや」(餅屋。たまこまーけっとのヒロイン、たまこの実家のお店)
仕様になってました。
玉屋の大将、本気のようです(笑)

…いやはや…さすがに3ヶ月もご無沙汰すると
結構変わっているもんですね(汗)

このあと部室を見てまわるのですが
それは次の日記にて。

(参考資料)
・今日の部室(けいおん!の舞台 旧豊郷小学校)
http://bushitsu.blog47.fc2.com/
・アッホーブログ
http://miyaseki.blog25.fc2.com/

●このページでは、けいおん!!の背景を比較研究目的により引用しています。作品の著作権(画像も含む)はかきふらい・芳文社/TBS/桜高軽音部にすべて帰属します。
------------------------------------------------------------------
【舞台探訪・聖地巡礼の心得】
舞台として描かれる場所は一般市民の生活空間であることが多いため、現地訪問に当たっては、以下の各項目にくれぐれもご留意下さい。マナーと心配りをお忘れなく!

1.近隣住民の方々の迷惑となるような行動は慎むこと。
2.プライバシーの侵害となるような行為はしないこと。
3.学校や個人宅に無断で侵入しないこと。
4.撮影時の道路への飛び出しなど危険な行為はしないこと。
5.撮影が許可されていない場所の撮影はしないこと。迷った場合は関係者に撮影可否の判断を求めること。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「けいおん!」の学校を訪ねて(35・1/観光案内所編)  ko-maのうぇぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる