ko-maのうぇぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS たまこまーけっと

<<   作成日時 : 2013/01/30 20:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この1月から放送が始まりました
「たまこまーけっと」。
http://tamakomarket.com/

http://www.youtube.com/watch?v=kCyYLMljc0w

http://www.youtube.com/watch?v=XlWVatVqaG4

製作のメインスタッフは「けいおん!」ですっかり名前の知れわたるようになった
山田尚子(監督)、吉田玲子(脚本・シリーズ構成)、堀口悠紀子(キャラクターデザイン)
のいわゆる「YYH」ですね。

私的見方を書かせていただきますと
かつての藤子不二雄先生のシリーズ作品の匂いを感じました。
その匂いと言うのは

「日常の中、あるいは隣にある非日常」
というものでしょうか。
もうすこしわかりやすく言うなら

「少し不思議」
とでも表現しましょうか。
何でもないごく普通の世界が
突然表れたひとつの非日常のおかげで変わり始める。
「たまこま」の場合、非日常はデラ(鳥の名前ですね)で
彼がたまこの前に現れて言葉を話し、居ついてしまうことから
新しいことが起こり話が進んでいく。
この流れに藤子先生(特にF)の作品観が重なるのです。
デラはどうやらなにか目的があって商店街に来たようなのですが
そこらへんは追々明らかにされるのでしょう。

そんな少し不思議(略してSF)という世界観は
長らく見かけなかったので久しぶりにキター!!
という感じです。

最近のアニメ作品はラノベをもとにしたものが多くて
それはそれで面白いのですけど
ややもするとキャラの個性の灰汁が強すぎて
(特殊能力の使い手とか発想がぶっ飛んでるとか
戦闘機や戦車を乗りこなすとか)
いささか辟易していましたから
こういう等身大の女の子が出てくる作品が見られて
正直ホッとしています。

前作の「中二恋」とか「氷菓」ほどのインパクトは無いですが
私は初っ端から強いインパクトは必要ないと思います。
デラの登場だけでも十分なインパクトはあったかと。

まぁ作画の乱れはありませんしキャラも立っていますので
視聴は続行します。
「けいおん!!」以来久しぶりにソフトを買ってもいいかなー
と思える作品になりそうですからね(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
たまこまーけっと ko-maのうぇぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる