ko-maのうぇぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS シスタープリンセス登場10年

<<   作成日時 : 2009/01/30 19:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

実は昨日がそうらしいということで。
(「シスタープリンセス」がG’sマガジンの読者参加企画として連載を開始したのが1999年3月号/1月29日発売)

まだどちらかというとマイナーだった天広直人先生(以下天広センセ)をイラストレーターに起用し、
9人の妹が登場。
内容は、相手となる妹を1人選んでメール交換やお泊まり・料理・テニスなどをするというものでした。

この時点では、妹にはそれぞれ兄がいる「一対一の関係」が前提とされていて、
妹同士の横の繋がりはあったとしても交友関係程度。
妹たちは家庭の事情で兄とは離れて暮らしており
2ヶ月に一度の「お兄ちゃんの日」に限り、兄と会えるという設定だったのです。
最初のころのイラストは色合いが濃い目でタッチも独特。
画像

天広センセが試行錯誤しながら描いていたであろうことがうかがわれます。

1年後の2000年3月号よりイラストストーリーが開始。
天広センセに加えて公野櫻子先生(以下公野センセ)の文による連載に移行。
春歌・四葉・亞里亞が登場し、12人になったのはこの時。
この時にゲーム化も決定し、発表されたゲームの内容から
「兄1人(プレイヤー)に対して妹12人」という設定が出た。
もっともおおよそ常識とかけ離れた内容だったから、物議を醸すことになります。
ストーリーもその後、ゲームのストーリーの延長線上で描かれ、
「兄1人に対して妹12人」の設定でアニメ化もされました。
もっともアニメのほうは作るほうのドタバタぶりが目立って、
終盤は意外と綺麗にまとめられていたとはいえ、 期待されたほどの人気は出なかったようです。

画像

このころになると天広センセも描きなれてきたらしく、
イラストもまとまって落ち着いた印象。
今でもこの時期のイラストがファンのあいだでも一番人気が高いというのもわかる気がします。
私がシスプリの存在を知ったのは実をいうとこの時期。
「12人の妹が登場するアニメ」という変わった設定にひかれて
アニメを見て少しずつハマっていきました(笑)

アニメ化のファンの酷評が響いたかどうかはわかりませんが
2002年4月号からのイラストストーリーは再び一対一の関係へ戻り
「お兄ちゃんへの手紙」をテーマに連載されました。
2002年夏に再度のアニメ化が決定。
10月から始まった『シスター・プリンセス 〜リピュア〜』(略称「プリピュア」)は
前作とは全く新たなものとなってこちらはファンの一定の評価を得ました。
2003年3月にはゲームの第2作が発売されました。
G’s誌への連載は2003年8月号を以て終了しています。
画像

『Sincerely Yours』のイラストはまたタッチが変わり、
今に続く完成されたものになっています。
ただこの時以降のイラストはファンの間でも賛否は分かれていて
好みの激しいファンにはあまり受け入れられないようですが。

2作目のアニメのころから、自宅にネット環境を構築したこともあって
私のハマリ度もピークに達し、
天広センセのサイトにあった掲示板(現在は閉鎖)にも出入りするようになりました。
このころに知り合った方々が今の私のネットを通した付き合いの基礎になっています。

シスプリという作品がなかったら。
恐らく今の私のネットライフはなかったと思いますし、
あっても全く別のものになっていたと思います。
その点でシスプリには今でも特別の想いがあるのです。

シスプリ終了後天広センセは活躍の場所を他誌に移し、
今ではすっかりメジャーの絵師さんになられました。
公野センセは「ストロベリーパニック!」を経て一昨年からは
19人姉妹の物語「Baby Princess」を執筆されていて、
今もG'Sで読むことができるのは嬉しい限りです。

シスプリは私の出合った作品のなかでも
指折りの名(迷?)作なのは間違いないですね。

登場10年目に際し改めて言います。

「12人の妹たちよ、ありがとう。
君たちは最高の妹です。」と。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シスタープリンセス登場10年 ko-maのうぇぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる